好きな言葉

悲観主義者は風に恨み言を言う。
楽観主義者は風向きが変わるのを期待する。
現実主義者は、帆の向きを調整する。

AOKI YUKA

中途:セールスフォースエンジニア

2019年7月
中途入社
セールスフォースエンジニア

青木 優香

AOKI YUKA

大学卒業後、名古屋のSI企業に入社。ベトナムでオフショア開発の現場にて研修、帰国後は主に自動車業界におけるSalesforce開発に携わる最中、元々興味が合った映画業界の勉強をする為、上京を決意。休日や平日夜間は映画学校で勉強しつつ、動画配信のアシスタントを行い、修了後は商業映画の助監督見習いをしながら、通信企業でのデータオペレーション担当を経て、2019年7月に Phone Appli 入社。入社後、Salesforce開発業務に携わる。

INTERVIEWインタビュー

入社の動機と入社後の感想

SI企業にてSalesforceの開発を行っていた経験より、自社製品の開発という言葉に惹かれ、応募させて頂きました。面接終了後にオフィスツアーを実施して頂き、実際に働く環境やメンバーを見ることが出来、一緒にここで働きたいなと強く思いました。

弊社のビジョンである「コミュニケーション改革企業No.1」を目指しており、フリーアドレス制の為、コミュニケーションが疎かになるかと思いきや、業務上の接点がない他部署の方とコミュニケーションを取ることが出来たり、ビジネスチャットを通じてチーム内で気軽に相談できたりと、快適に業務に取り組めております。

現在の仕事内容

主力製品である 「PhoneAppli for Salesforce」 を始めとした、Salesforceを基盤としたプロダクトの設計・開発をしています。Salesforce を基盤とした製品は他に 「Vision Go」「Thanks Go」 がありますが、他製品との連携機能を組み込むことで機能強化を図ったり、新製品となるプロダクトのプロトタイプを構築したりしています。

また、アプリケーション開発エンジニアの育成を目指すサテライトオフィス『萩 明倫館 アプリ開発センター』を2020年4月に開設する関係で、今まで以上に、遠隔でもコミュニケーションをとることが出来るような環境にするべく、開発体制の見直しを図り、基盤を整えている状態です。

入社を希望される方へ

日本の中小企業が約400万社ある中で、Phone Appli がリーチできていない企業は多くあり、伸びしろはまだまだあります。アイディアが生まれたら、上長とは週一で実施される1on1を通じて、プロジェクトがトントンと進んだりと、手を挙げれば挑戦させてくれる環境です。これまでのキャリアで培ってきた技術や知識を発揮し、弊社で新たな技術や仕組みなどを確立して頂けたらと思います。

WORK採用選考フロー

  • 応募

    まずは応募をお願いします。

  • 書類選考

    レジュメを拝見し選考します。

  • 1~2次面接

    神谷町オフィスでの実施を予定しています。

  • 最終面接

    神谷町オフィスでの実施を予定しています。

  • 内定

    一緒に働けることを楽しみにしています。

INTERVIEWスタッフインタビュー

ENGINEER BLOGPhone Appliのエンジニアブログ