PA Work Time Recorder

テレワークにおける
労務管理・課題解決をサポート

在宅勤務など、オフィス以外の場所で勤務する際の業務時間を計測し、
自動的にExcelやPDF形式で報告書を生成することができるツールです。

お問い合わせ

シェアする

製品特徴 / 機能・メリットの紹介

  • 業務報告書を自動的に作成
    業務の「開始時刻」、「終了時刻」、「業務内容=プレゼンス」の利用ソフトウエア名と利用ファイル名の各時間がリアルタイムで生成されるほか、各「業務内容=プレゼンス」の遷移の履歴がリアルタイムに記録され、エクセルまたはPDF形式でレポート化されます。
    また、業務の最中に「レポートモード」に切り替えを行い、テレワーカー自身が業務の内容を確認することも可能です。
  • 出退勤管理を実現
    計測された「業務時間」は、自動的にエクセルまたはPDF形式で報告書として生成され、Share Point / Share Point Online に自動的にアップロードされます。これにより、テレワーカーのための出退勤管理システムを新たに導入することなく、出退勤管理が可能になります。(承認機能も利用可能です)
  • スムーズなコミュニケーション
    物理的に離れた場所で勤務するテレワーカーの状況がわからないことから、会社にいる上司や同僚が電話やスカイプなどで声をかけにくい、という問題がありました。しかし、PA Work Time RecorderとSkype for business がリアルタイムに連携することで、テレワーカーの業務内容やプレゼンス情報が把握できることで、タイミングよくコミュニケーションを図ることが可能です。
    また、テレワーカーの業務分類、具体的な業務内容は、Skype for Businessのクライアントを通して他のユーザに対しても告知されます。
  • ソフトウェア・ファイルの利用状況を把握
    テレワーカーが、業務中に使用しているソフトウエアやファイル、またどのようなWebサイトを閲覧しているのか、といった情報を時系列でレポート化、集計することができます。
    また、業務目的以外でPCを利用していないか監査が必要な場合にも、この機能により監査をすることが可能です。
PA Work Time Recorder
テレワークにおける
労務管理・課題解決をサポート
シェアする