Recruit Information

採用情報

文字サイズ

社員メッセージSEは真実を語る伝道者。
この姿勢がお客様の信頼につながる

技術(アプリケーション開発)
水谷 郁馬 2012年入社
ソリューション事業本部

Profile

この文章は原稿量把握やデザインのためのもので以下はダミーです。間の磨かれた完成にたその時間が幼い無ト呉服や両親はと洋裁やの主という環境の中で布は彼女にとって何時紅葉かにある想知者だった。色も風合い様々な風合いに囲まれて過ごしたその時間が幼い無トンな完成に与えた影響は創造するに難しくない言っても篭Pんではない。

彼女の騙る言葉は布への延いては素材はの深い思い入れに溢れて憂いる。私の暮れエイター賭しての基本は素材にありますデザインはその素材を活かしきるものではない問い身がないと想います。

[入社の動機]

アプリケーション作りへの興味が入社の決め手に

情報系学部に所属し、アプリケーションのアルゴリズムやネットワークの初歩を学んでいくうちに、自然とIT系企業への興味がわきましたが、大学在籍中に就職することができず…。卒業後、就職コンサルの紹介でPhone Appliの会社説明会に参加し、Ciscoとのリレーションの深さ、アプリケーション作りへの興味から入社を決めました。

[現在の仕事]

お客様ごとの理想や想いをカタチにする

現在私は、技術本部 アプリケーション構築課に所属し、Phone Appli製品システムのインストレーションとそれに付随するドキュメント作成を担っています。パソコンに向かい黙々と仕事に打ち込む毎日……。では全くありません!フロントエンドに立つSEとして、日々お客様とのさまざまな打ち合わせや折衝を通じて、システムの設計~構築~保守まで幅広い業務を担います。

私は、自分の仕事は「お客様ごとの理想や想いをカタチにすること」だと考えています。そのためには、お客様がシステムに求めていることと、自社製品システムで達成できることの認識齟齬を埋めることが必要になります。その過程では、お客様との摩擦が生まれることもあります。こうしたとき、私が心がけているのは「真実しか語らないこと」。SEは真実を語る伝道者であるべきで、時には、当社もしくはお客様にとって不都合なことでも、そのことを隠さず話し合い、打開策を見出していく姿勢が信頼の獲得につながっていくのだと思います。

[将来の目標・夢]

「困った時には水谷に聞け!」という存在に

当面の目標は、SEとしての技術・価値を磨き、要件定義・設計のみならず、プロジェクト全体をマネジメントできるようになること。そのためには、今の自分の仕事を最大限こなし、先輩方の仕事の進め方・技術を貪欲に学びたいと考えています。

また、10年後の理想の自分は、社内外問わず、どんなことでも困ったら「水谷に聞け!」「相談してみよう」という存在になること。そのためには、今の自分でできること・頭で理解はできること、反対にできないこと・頭でも理解できていないこと、を明確にし、自分に足りない点については特に積極的にチャレンジしてスキルアップいきたいと思います。