Microsoft連携

マイクロソフトのUC製品と連携で、
ますます使いやすくなる

Web電話帳シェアNo.1のPhone Appli Collaboration Directory(PACD)と
日本マイクロソフトの「Office 365」との連携ソリューションの提供を開始しました。
これからも私たちは、両社サービスの強みを生かした様々な新規ソリューションによって、
日本で、世界で、ビジネスシーンをますます便利にしていきます。

  • Microsoft製品概要
    クラウドサービスの基盤として「PA CLOUD Enterprise」のシステムインフラをマイクロソフトの「Microsoft Azure」を利用することで、Office 365 E5、Skype for BusinessをはじめとしたマイクロソフトのUC製品と連携できるようになります。これにより、PACDをポータルとしたマイクロソフトのコラボレーション強化を目指します。
  • Windows 10 Mobile対応 PACD
    Windows 10 Mobile に対応したアプリをリリースしました。
    Windows PhoneからWeb電話帳にセキュアにアクセスできます。
  • Skype for Business
    Phone Appli Collaboration Directory(PACD)からSkype for Businessを呼び出し、プレゼンス(在席状態)確認やチャットを開始することができます。相手の状況に応じて、様々なコミュニケーション手段を選択できるため、社内のやりとりを効率的に行なうことができます。

0 / 0

Microsoft連携
マイクロソフトのUC製品と連携で、
ますます使いやすくなる
シェアする

コミュニケーションを変えるWeb電話帳PhoneAppli

  • 連絡とれるくん
    社内・社外のWeb電話帳。
    名刺取り込み、着信表示を備え、ビジネスコミュニケーションをスピードアップします。
  • PhoneAppli for
    Salesforce
    社内の連絡先・組織管理と取引先の名刺管理を
    セールスフォースのクラウドで提供。

UC連携、PBX連携

  • Microsoft連携

    Phone Appli Web電話帳をマイクロソフト社の
    Azure、Office365と連携し提供

  • Cisco連携

    Cisco Unified Communications Managerと連携するPhone Appli Collaboration Directory(PACD)