About 会議革新プログラム 会議革新プログラムとは?

会議を変えて生産性を向上させる
コンサルティングと
クラウドサービスのパッケージプログラム

会議の体質改善

業務時間の多くを費やしている「会議」の体質改善をはかることで、生産性向上、労働時間削減、業績アップにつなげることができます。

会議の体質改善 会議の体質改善

プログラムの流れ

Phone Appli×京都大学末松千尋教授。2者の共同研究により開発された会議革新プログラム。スコアリングによる現状把握からクラウドによる定着支援まで会議をトータルサポートします。

プログラムの流れ プログラムの流れ

会議かえるくん

末松教授の提唱する会議手法をクラウドで提供します。
会議の準備から事後管理までサポート、会議状況を分析し、さらなる会議革新につなげます。

会議かえるくん 会議かえるくん

会議かえるくん 導入のメリット

メンバー側のメリット

メンバー側のメリット

  • ムダな会議への参加が減る
  • 会議後の議事録作成、ファイル共有といった手間が省ける
  • 認識違いによる手戻りなど、会議後の業務効率ダウンを軽減できる
  • アクションアイテムについて、面倒な個別の進捗報告をなくすことができる
マネージャー側のメリット

マネージャー側のメリット

会議の生産性や業務状況を見える化できるため、業務分担の見直しなど、チーム生産性向上のための施策を打つことができる

  • 会議コストをかけすぎている部門が見える
  • アクションアイテムを決めない会議が見える
  • 人による業務量の偏りが見える
  • 会議進行の改善ポイントが見える
  • アクションアイテムの進捗が見える

Main Function 会議革新プログラムの主な機能

Function.1会議招集

Outlookのいつもの画面から、会議コストの算出および会議目的・アジェンダなどを入力することで、会議招集段階から生産性を意識できます。

※会議作成のためOutlookにアドインツールをインストールする必要があります。

Function.1 会議招集 Function.1 会議招集

Function.2会議準備

会議の準備は「会議かえるくん」の画面で行います。アジェンダの時間配分や必要ファイルの添付、役割決めを行い、会議参加者に事前にシェアすることができます。

Function.2 会議準備 Function.2 会議準備

Function.3会議実施

会議をしながら会議かえるくんに議事録やアクションアイテムを入力することで、参加者同士リアルタイムに認識合わせをすることができます。

Function.3 会議実施 Function.3 会議実施

Function.4事後管理

会議中に決定したアクションは、会議かえるくんのアクショントラッキングで管理され、決定事項を漏れなく実行する手助けをします。

Function.4 事後管理 Function.4 事後管理

よくあるご質問

会議かえるくん単体でも利用することはできますか?
はい、可能です。
対応しているスケジューラは何ですか?
現在のところ、Microsoft Outlookのみに対応しています。
会議情報は社外の人とも共有可能ですか?
はい、可能です。登録ユーザ向けのログイン画面と、未登録ユーザ向けの画面が実装されています。
トライアルは可能ですか?
はい、定着化ツール(会議かえるくん)のトライアルは可能です。営業担当もしくは当社問い合わせフォームまでご連絡ください。