News

製品・サービスニュース

文字サイズ

2016年8月24日(水)
シスコシステムズ合同会社
株式会社Phone Appli

シスコシステムズとPhone Appli 官公庁/自治体や社会インフラ企業向けに働き方変革やIoTソリューション提供で協業を発表

シスコシステムズ合同会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木みゆき、以下シスコ)と、国内No1のUCプラットフォーム開発ベンダーである株式会社Phone Appli(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原洋介、以下Phone Appli社)は、官公庁/自治体、社会インフラ企業に向けて、働き方変革やIoT分野におけるソリューション提供で協業を行うことを発表しました。

昨今、官公庁/自治体、電気/ガス/水道/交通機関といった社会インフラ企業では、利用者の多様化するニーズに対応した細やかなサービス、安心安全を担保する品質の高いサービスが、ますます求められています。提供側もこれらの要求に対応すべく、社員の柔軟な働き方の推進、IoT(Internet of Things)など新しいテクノロジーを活用したサービスが注目されています。

■官公庁/自治体、社会インフラ企業向けに「働き方変革」を提案

利用者の多様化するニーズに対応した細やかなサービスを提供するためには、多様性の高い人材確保、働き方環境の整備が急務となっています。そこで、働き方変革を推進するシスコと、同社のAPIに精通したアプリケーション開発のパイオニアであるPhone Appliが協業し、日本特有の文化や働き方変革に適したアプリケーションを両社で提案、提供していきます。

国内シェアNo.1※1の Web電話帳 「Phone Appli Collaboration Directory(以下、PACD)」 を提供するPhone Appli社により、これまでに培ってきた様々な機能を有するアプリケーションを活用し、お客様に適した新たなワークスタイルのご要望に柔軟に対応していく体制を整えます。

■社会インフラの安心安全なサービス提供を実現する「見える化・リアルタイムコミュニケーション」の推進

社会インフラの安心安全なサービス提供を実現するためにいま注目されているのが、IoTやセンサー技術を駆使した「見える化・リアルタイムコミュニケーション」です。センサー付きメガネ、衣服、ヘルメットなどを現場で働くスタッフが装着し、取得されたデータを見える化し、リアルタイムコミュニケーションを実現することで、新たな危機管理と迅速かつ正確な意思決定ができる仕組みを提供していきます。

両者は、Phone Appliが提供する「コラボレーティブIoT」(※2)を基盤としたソリューションを共同で提案、販売していきます。

今後、両者の販売パートナーを通じてお客様に提供できるよう、シスコとPhone Appli社にデモ環境/トライアル環境を設置し、お客様へのデモンストレーションを行うなど働き方変革提案を推進してまいります。

※1 2015年12月末 MM総研調べ
※2 「コラボレーティブIoT」の詳細は補足資料をご覧ください

【シスコシステムズ合同会社について】
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
コーポレートサイト:http://www.cisco.com/jp/

【株式会社Phone Appli について】
株式会社Phone Appliは「コラボレーションプラットフォームを通じて、人と人、人とモノをインターネットでつなぎ、イノベーションを生み出すお手伝いをする」ことを目標としています。3年連続国内シェアNo.1のWeb電話帳「PACD(Phone Appli Collaboration Directory)」の開発/販売を主軸に、IPフォンやビジネスチャット、Web会議などコミュニケーションツールと連動した製品を提供。2015年6月、中小企業向けに開発を行ったクラウドWeb電話帳「PA CLOUD」、2016年4月、IoTソリューション「コラボレーティブIoT」、2016年7月にはPACDをクラウドで提供する「PA CLOUD Enterprise」を販売開始しました。また、2016年6月にはCRMプラットフォームで世界トップシェアを誇る米国セールスフォース・ドットコム投資部門のSalesforce Venturesを引受先として、第三者割当増資により資金調達を実施しています。シスコシステムズ社やマイクロソフト社をはじめとした各種ユニファイドコミュニケーションツールとの連携を行うなど、より多くの企業様へ、汎用的なコミュニケーション環境を提供してまいります。
コーポレートサイト:http://phoneappli.net/

【本件に関するお問い合わせ先】
シスコシステムズ合同会社 プレスルーム 岡本
TEL: 03-6434-2426 E-Mail: press-jp@cisco.com
URL: http://www.cisco.com/jp/go/news

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Phone Appli (フォンアプリ)
〒105-0001東京都港区虎ノ門1丁目1-3 磯村ビル3F
広報担当
TEL:03-5488-7055
E-mail:press@phoneappli.net

<補足資料>

「コラボレーティブIoT」とは、Phone Appliが提供するIoTソリューション。
センサー付きの服やヘルメット、メガネなどを社会インフラ企業で働く従業員が装着し、随時状況を監視することが可能。そこで取得されるデータをDBに蓄積、分析し、Phone Appli社のUCプラットフォームでリアルタイムに閲覧/監視を行い「見える化」を実現します。企業の管理者側がスタッフの危険な状態を察知すれば、シスコのソリューション(音声、チャットやテレビ会議システムなど)で即座にそのスタッフあるいは近隣のスタッフに「リアルタイムコミュニケーション」を行い、注意喚起や確認を行います。

■「コラボレーティブIoT」概要図
コラボレーティブIoT

※1「コラボレーティブIoT」が提供できるサービスは以下の通り
・コネクテッドドライバー:運転手の状態(眠気、集中度、心拍などを確認)
・コネクテッド警備員:警備員の状態(転倒状態、温度湿度状態※2、位置情報、心拍などを確認)
・コネクテッドオフィスワーカー:オフィスで働く従業員の状態(集中度、位置情報などを確認)
・コネテッド工場作業員:工場作業員の状態(転倒状態、温度湿度状態、心拍などを確認)
・コネクテッドランナー:ランナーの状態(転倒状態、温度湿度状態、心拍、位置情報などを確認)
※2 温度湿度状態は熱中症予防のために必要な情報となります

カテゴリー: プレスリリース

株式会社PhoneAppli
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1丁目1-3 磯村ビル3F
http://phoneappli.net

  • You Tube