Dreamforce2017 参加報告

世界中から17万人が集まるSalesforceイベント

df2017_top_pa_l.jpg

昨年に続き2度目となるSalesforce社のグローバルイベント「Dreamforce」に参加して参りましたので簡単にご報告をさせて頂きます。

昨年初めて参加をした際には規模の大きさに驚きましたが、本イベントは17万人以上の方が参加をされているそうです。私たちにようにSalesforceでビジネスをしているパートナーだけでなく、Salesforceを利用しているユーザ様やセールフォース関係者の方々世界中から参加されていました。
弊社はパートナーとしての参加ですが、普段お世話になっておりますセールフォースの営業部門の方やパートナー担当の方だけでなく、開発やサポート部門の方と情報交換ができたり、お客様へSalesforceを導入するインプリパートナーの方々との出会いもあり、毎年大変有意義な場となっております。

今回はセッションにて発表された新しいサービスアップデートをいくつか紹介させて頂きます。


Googleとのパートナーシップの強化

既にダイレクトにGoogleのサービスと連携する機能は標準で持っておりますが、公式のリリースを見るとメールやスケジュールを中心としたアカウント連携だけでなく、 Google スプレッドシートや Google ドライブともつながりQuipとのデータ接続もできるようになるそうです。
これは便利そうですね。

セールスフォース・ドットコム、Google との新たな戦略的パートナーシップを発表


パーソナライズできるmy Salesforceシリーズ

5つの「my~」から始まる新しいサービスの発表がありました。

  • mySalesforce 独自のモバイルアプリ
  • myLightning 独自の画面のカスタマイズ
  • myEinstein 独自のAI
  • myIoT 独自のIoT
  • myTrailhead 独自の学習カリキュラム

PhoneAppliは電話帳サービスとして、連絡先情報をモバイルでセキュアに活用できるところがポイントですので、モバイルアプリが「Salesforce1」から「Salesforce」にリブランドされ、更に今回の発表でお客様ごとにどこまでカスタマイズできるようになるのかは継続して調査・検証していきたいと思います。
個人的に興味をもったのは、myTrailheadで、自社のPhoneAppli for Salesforcenの学習をmyTrailheadで社内展開してみたいと思いました。資格取得のみよりバッチでステップを積み重ねていく方が楽しいと思いますし。


各種チャットサービスとも顧客との接点として接続

チャット(メッセージング)サービスとは既に繋がる仕組みもありますが、Salesforceの標準機能としてSMSやFacebookメッセンジャー、アップルビジネスチャット(予定)なども紹介がありました。PhoneAppliとしてチャットとのコミュニケーション連携をどのように実現していくか、必要性は感じておりますので今後検討していきます。

df2017_topics2_pa_l.jpg

Lightningでアプリ自由度が向上、AIスマートスピーカーとも?

今回のセッションではLightningだとこれだけ自由度が向上するという様々な機能の組み合わせや、昨年発表したばかりのアインシュタインが実用で既に使われている事例が非常に多かったように思いますが、個人的に楽しみにしていた発表は、AIスマートスピーカーともつながって何かできる系でしたが、残念ながら具体的な発表はありませんでした。
Google HomeのGoogle AssistantやAmazon EchoのAlexaとアインシュタインがやりとりしてくれると素敵なイメージがありますが、現状はビジネス向けのワトソンとの接続のみのようです。

df2017_topics_pa_l.jpg

日本では来週よりAmazon Echoがいよいよ発売になりますが、Salesforceプラットフォームで提供しているPhoneAppliは今後も様々なサービスとクラウド間でつなげることができることができることが分かり非常に有意義でした。
まずはLightningベースのプラットフォームに完全移行しないとやりたいことの実現が出来ない可能性もありますので、今後はLightningを積極的に活用していきたいと思います。


最後に唐突ですが、Salesforce様の今のオフィスと間もなく完成予定のSalesforce Towerを記念撮影しましたので観光客っぽい写真をUPしてみました。サンフランシスコの景色の写真が全くなくスマホの写真が全部Salesforce関連でしたので。

df2017_topics3_pa_l.jpg

また来年もDreamforceに参加できるようにPhoneAppli for Salesforceの展開を進めていきたいと思います。
こちらのブログをご覧になっている方で、まだライセンスをお持ちでない方はこの機会に是非ご購入ください。Dreamforce参加記念スペシャルオファーをご用意しております。
ご連絡お待ちしております。


前へ

着信相手が一目瞭然!「Salesforceお客様わかるくん」デモムービーご紹介

次へ

PhoneAppli リリースノート